大注目の健康住宅|体に優しい住宅の作り方

レディ

自由度の高い生活空間

模型

集合住宅にはない戸建ての魅力に気づき、住み替えたいと考える方は多いです。高松で戸建てを検討している方は、自由度の高さ・資産価値に魅力を感じていることが多いです。最近の戸建ては気密性が高いものが多く、マンション並に暖かい物件がたくさんあります。

詳細へ

これから買うなら知ろう

部屋

定番化している木造建築ですが鉄骨とコンクリート造の戸建ても宝塚では作れます。鉄骨コンクリート造はメリットして高い耐久性を誇るのです。マイホーム購入者をサポートする制度が日本では多くあって、宝塚の補助金も活用すると安くなります。

詳細へ

良い住まいのために

ファミリー

住宅の考え方

自分たちの家を建てるときにはいろいろなことについて考えなくてはなりません。予算や住宅会社の確保、家族との相談など、様々なことに頭を悩ませることになりますが、そのほかにも大事なことがあります、それは「健康」です。家族の健康を考えるなら住宅も健康に良いものを選ばなくてはいけません。その健康的な住宅をめざす考え方として「健康住宅」という言葉が現在広まっています。健康住宅とは住む人だけでなく家の構造も健康に配慮されたものであるべき、という考え方のことで、例として冬は暖かく、夏は涼しい、爽やかな空気が入り込む、腐りにくい木材の使用、などの家づくりの指針ともされています。自分たちが行う家づくりにはそういった健康住宅の視点を持つことが大切になります。

具体的な指針

健康住宅の考え方はさまざまありますが、基本的な考えは全部で7つに分けられます。それは「空気環境」「温熱環境」「光視環境」「音振動環境」「防露」「防カビ」「防虫」です。空気環境は主に日用品や日常で発生しやすい化学物質に対する対処法や、それに関する考え方のことで、日々の生活を送る上で考えなくてはいけない事柄です。温熱環境は住宅の構造による温度変化などの考え方のことで、こちらも快適な生活を送るために考えなくてはいけない要素です。光視環境は住宅に入ってくる日光や日当たりなどに関する考え方で、日々の生活にはかかせない要素です。音振動環境は日々の生活で起こる音に関する考え方で、主に換気設備や家電製品が対象になります。防露、防カビ、防虫は字面の通りです。

マイホームを購入しよう

家

南海で戸建てを購入する場合、予算を考えることが大切です。頭金は貯蓄の全額を使うのではなく、いざという時のために貯蓄の一部を頭金に充てるようにしましょう。また戸建て住宅は、今の暮らしだけを考えずに、10年先20年先のことも考えて購入することが大切です。

詳細へ